『Little Forests』 by Lotus Flower

2021.11.27.sat-12.28.tue

ちょっと変わった植物と草花をこよなく愛するフローリスト「Lotus Flower」が今年もやってきます。

シルバーリーフなど森の香りがするグリーンを中心に、ちょっと変わった木の実などをあしらったリースやスワッグ。今年はアドベントクランツ(Advents kranz)も登場します。
アドベント・クランツとは、もみの木や松などの常緑樹の枝でリースを作り、リースの中心に4本のキャンドルを立てて作り毎週日曜お祈りの時に1本づつ火を灯しながらクリスマスを迎えるという風習です。

アドベントクランツに使うキャンドルは、食卓を灯すことだけを提案し続け全国を灯し歩く「5:9 gradi luci」チエミサラのキャンドル。
忙殺される年末の中でキャンドルを灯すという時間をあえて持つことで肩の力を抜くことが出来るのかも知れません。一年を振り返ったり、未来に目をむけたり、誰かと過ごしたりする時間をリースのグリーンの香りと揺らぐ灯りを感じてみてください。

リース、キャンドルの他にmonoton ceramicも並びます。
ひとつひとつ丁寧につくられ、やわらかく懐かしくぬくもりのある食器や花器です。大切なかたへ、花やキャンドルと一緒に贈ってみてはいかがでしょうか。

「5:9 gradi luci」チエミサラ
ひさしぶりに東京でのワークショップも開催です!
キャンドルの販売も予定しております。


『クリスマス workshop』2021.12.12.sun

◉(要予約)

アドベントクランツ(グリーンとキャンドル)、またはリース(25-30センチ)。どちらかお選びいただけます。
コニファー、ブルーアイス、ジュニパーベリー、ユーカリ、オリーブなど、グリーンをベースに作っていきます。

【開催日】2021.12.12.sun
【 時間 】13:00- / 15:00- / 17:00-
【参加費】
アドベントクランツ(リースとキャンドル) ¥ 6,600 (材料費、お茶付き)
リース(25-30センチ) ¥ 5,500 (材料費、お茶付き)
※珍奇植物、キャンドル等、オプション有り(¥200~)

【 持物 】お持ち帰り用の袋をご用意ください。

【お申込み】
参加ご希望の方は、タイトルを『クリスマスWS』としてCONTACT へ下記をご記入のうえ送信してください。返信メールを差し上げます。
返信がこない場合、迷惑メールフォルダ内など捜索をお願いいたします。見当たらない場合はお手数ですが、お電話にてご連絡をいただきますよう願いいたします。

・お名前
・携帯電話
・ご希望の参加時間 13:00- / 15:00- / 17:00-
・参加人数
・アドベントクランツ or リース どちらがご希望をお書きください。


しめ縄飾り workshop

【開催日】2021.12.26.sun
【 時間 】13:00- / 15:00- / 17:00-
【参加費】¥ 4,400 (材料費、お茶付き)
【 持物 】お持ち帰り用の袋をご用意ください。

【お申込み】
参加ご希望の方は、タイトルを『しめ縄飾りWS』として
CONTACT へ下記をご記入のうえ送信してください。
返信メールを差し上げます。
返信がこない場合、迷惑メールフォルダ内など捜索をお願いいたします。見当たらない場合はお手数ですが、お電話にてご連絡をいただきますよう願いいたします。

・お名前
・携帯電話
・ご希望の参加時間 13:00- / 15:00- / 17:00-
・参加人数


◉ LOTUS FLOWER

ちょっと変わった植物と草花をこよなく愛するフローリスト。
店舗装飾やブーケなど花屋で修行後に独立。お店のない花屋。
日常のお花定期便。お祝いの花束、スワッグなどオーダーも承っております。
クリスマスやしめ縄飾りをオーダーしたい方はCONTACT からお問合せください。


◉ 5:9 gradi luci チエミ サラ

食卓を灯すことだけを提案し続けるスタイルで全国を灯し歩く旅「TOMOS  LIGHT」をはじめ、展示会や教室、イベント出店、キャンドルナイトのプロデュースを行う。また、食事のテーブルにあっておかしくないアイテムと、灯りある暮らしのためのオリジナルコラボレーションギフトをディレクションするデザイナーでもある。(from Hiroshima)


monoton ceramic
テーブルウエアや雑貨を制作するために立ち上げたセラミックワークスタジオ。イタリア・スペイン・ドイツなど長い年月を海外で暮らしてきたなかで様々な雑貨や食器に出会い新鮮な驚きと刺激を与えられ、日本に帰国後ヨーロッパの空気を「陶」という素材で表現。見てきたもの・感じてきたものを糧とし私たちなりの表現で日常をより彩り潤いある生活にするためのアイテムを日々研究。ひとつひとつ想いを込めながらデザインしハンドメイドで制作しています。(from Nara)

Author Little TAO