【About Morocco / Ichiko’s Life Story 4】

■ 2020. 10. 30. fri. 
■ 18:00-20:00 
■ 参加費 4,500-
 [ サハラ砂漠の砂入りオブジェ(市子:作)/やまとしぐさテキスト/お茶 付き]
■定員 8名

■ 内容
18:00~ 猪瀬市子さん『モロッコからの帰国とこれから』
18:45~ 猪瀬市子さん『日本で!のこれから』+ ゲスト:内野 明美さん(やまとしぐさ はぐくみ伝承者)

2017年12月、移住先のモロッコへ旅立つ前にお話会をしていただいた陶芸家、猪瀬市子さん。

2019年、市子さんはモロッコでアトリエを探し、窯を買うためにクラウドファンディングをやりとげ(パソコン音痴だけど)(返礼も忘れておりません!気長にお待ちください!市子:談)、11月に陶芸作品の展覧会をモロッコで開催。展覧会は高い評価を得て2週間の会期延長となり、2020年3月には大都市カサブランカでの展覧会が決定しました。

2020年3月、一時帰国していた日本から再びモロッコへ。しかし、誰も想像していなかったコロナウィルスの猛威。カサブランカでの展覧会もキャンセル。一週間後にはロックダウン開始。半年間におよぶモロッコ自粛生活。

そしてモロッコ政府からの退去通告による帰国。

日本への強制帰国を経て、日本の田舎へ行って窯を持とうと考えていた2020年夏。

モロッコでの展覧会、生活、海外の人たちとの出会いの中で、日本の素晴らしさを改めて感じ「もっと日本について知りたい、自分たちのルーツを知りたい」そんなふうに思ってた市子さん。

そんなとき内野明美さんに出会い、なぜ日本人は家に入るとき靴を脱ぐのか、揃えるのか、意味があるんだという『やまとしぐさ』の話を聞いて涙。

そんなわけで市子さんのラヴコールにより、後半は内野明美さんとの対談となります。

◉内野明美さん
日々の中のしぐさに込められた意味を知ることで、日本への愛が深まり、自分自身も大切に思うようになると感じています。その一端をお伝えできたら嬉しいです。

[ プロフィール ]
山口県萩市生まれ、千葉市在住。
2019年末、人生の後半はより深く世の中に関わっていきたいと23年間秘書として勤務していた学校法人を退職。

より深く自分の喜び、他者の喜び、天の喜び、三方の喜びの中で生きていこうと決意。そのひとつ、やまとしぐさに生きることを『やまとの智恵実践協会』で学び、はぐくみ伝承者となる。


◉猪瀬市子さん
ウェブサイト


2020 / 10 / 30 / 金曜 18:00 start

Little TAO
目黒区中目黒3-1-4#102 THE GARAGE onigily cafe 裏 
03 6306 4886
12-19 open

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

お申込み

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

下記をご記入の上、contactからメッセージをお送りください。

・【About Morocco / Ichiko’s Life Story 4】とタイトルに明記
・お名前
・参加人数(参加者の方のお名前も明記ください。)
・携帯電話番号
・メールアドレス

Author Little TAO