Tao Diary vol.11

Stories 0 comments

今更ながら、あけましておめでとうございます。遅すぎますね。

年が明けたと思ったら、もう5月。

季節は春になりました。

 

気功の世界では、3月〜5月が春。

6月・7月が夏。8月は真夏。

9月〜11月が秋。12月〜2月が冬、という区分をしています。

 

そしていま3月は、春は肝臓に負担がかかる季節です。

春は解毒の季節。

フキノトウやタケノコ、

春に出てくる旬の食べ物は割とアクが強く、

そこでも肝臓の負担がかかってきます。

そんな時に、自分の内臓を労ってください。

 

「手当て」という言葉があります。

気功の世界では、身体の中で一番気が出るのは手なのです。

Mr.マリックさんの「ハンドパワー」ではないですが、

本当に手からはある種の力が出ていると思います。

 

その季節に負担がかかっている内臓を手当てしてください。

「いつも働いてくれてありがとう」という気持ちと共に

内臓の部分にそっと手を当ててみてください。

いつでもそうやって内臓をケアしていると

「ああ、今日はなんだか調子が悪いな」とか、

「今日はわりと軽い感じがする」とか

自分の内臓の調子が分かってきます。

そうやって、自分の内側からケアすることは

とても大切なことだと思います。

Author Little TAO